保育士という仕事

現在、保育園の数不足が問題になっていますが、その問題に関する職業として保育士が挙げられます。保育士になる方は基本的に「子どもと接することが好き」な方が多いようですが、実際に保育士として働くためにはそれだけでは足りないのです。

保育士の仕事は、その名の通り、子どもの保育を行うこと。0~6歳の子どもが対象になります。一緒に遊ぶことは大事な仕事ですが、その中で子どもの心身を育てたり、考える力を養ってあげたりすることも忘れないようにしましょう。そして、保育士は誰でもなれるわけではなく、働くためには保育士資格を取得しなければなりません。こちらは国家試験のため難易度もそれなりに高いですが、子どもを預かる仕事には必要なものです。学校で保育士養成課程を履修し、単位を修得するだけでも資格は取れますので、必ずしも試験だけが方法ではありません。また、なかには、公務員に分類される保育士も存在します。公務員保育士は、保育士資格を取得した次の段階でなることができるものです。県や市が運営する、公立の保育園や児童施設で働く保育士は、こちらに当たります。

このように、保育士になるためには、それなりの準備が必要になってきます。働き方も一つではないため、自分の目標、目的に合わせて働くことが大切です。そこで、当サイトでは、保育士になるための方法と、公務員保育士に焦点を当ててご紹介します。少しでも保育士を目指す方の参考になれば幸いです。


★ 保育士に関するおすすめサイト ★
資格取得をしたあとは、保育士として働くための就職活動が必要です。保育士の求人情報が豊富なほど、自分にあった職場を見つけることができるでしょう。こちらのサイトには、保育士をメインとした求人情報が載っています ⇒ 保育士 求人情報